白から赤へと変わる酔芙蓉

09 /14 2017
酔芙蓉の花は、朝に白い花を咲かせ、昼になるとピンク色に変わる。
そして夕方には赤くなり、一日でしぼんでしまいます。
一日中変化を楽しめる花でもあります。

suihuyou14_20170914142409f92.jpg
朝は、さわやかな白色です。
suihuyou16_20170914142408921.jpg
赤色の花は、前日の花で握りこぶしのようにしまっています。


suihuyou15_20170914142411e8b.jpg
昼頃の花。私はベビーピンクの昼頃の花が一番好きです。





読んでくださってありがとうございます。
よろしければポチッ☆と応援よろしくお願いします。
励みになります。
にほんブログ村 花ブログへ






スポンサーサイト

ヤブランの花

09 /13 2017
庭の奥の日陰にひっそりと生えているヤブラン。
特に手入れもしなくて放置していても秋には紫色の花をつけてくれます。
適度に緑を保ってくれてグランドカバーになっているし、
花が咲いても主張せず、いいわき役です。
でも、必需品。庭に欠かせない大切な花です。
今が一番美しいかな。

yaburan9_20170913095544519.jpg
可愛い小花がいっぱい咲いている。

yaburan8_20170913095543a97.jpg


yaburan10_20170913095542d20.jpg
班入りヤブランも花は同じなんですよね。




読んでくださってありがとうございます。
よろしければポチッ☆と応援よろしくお願いします。
励みになります。
にほんブログ村 花ブログへ





暑さに負けず元気を取り戻した花たち

09 /10 2017
西日にも負けず、
幾度かの切り戻しにも耐えて頑張っています。
秋の気配を感じりけれど、元気を取り戻してきました。
春からず~と咲いて息が長いですね。
日日草とベコニアは我が家の夏の定番です。

genkan119.jpg
日日草は何度も切り戻しをしています。

genkan120.jpg
ベコニアはハンギング仕立てにしています。(つるせばいいのにね!)

genkan121.jpg
ペチュニアは弱くて3鉢早くに終わりました。このピンクが最後です。

genkan125.jpg
玄関は、日日草だらけになっています。

genkan124.jpg
ベゴニアのハンギングは3鉢作っています。冬はいつもビオラにするのです。

genkan123.jpg
こちらは真っ白な日日草。

genkan122.jpg
春から夏に咲くオキザリス紫の舞は終焉を迎えていますね。

genkan127.jpg
秋から冬に咲くオキザリスバリアピンクが葉の準備を始めていますよ。

一時期、オキザリスの全種類を集めようとしましたが、
弱くて、結局この2種類だけが毎年勝手に咲いてくれます。強い子たちです。

genkan126.jpg
放置している水連鉢です。
つぼみができても花が咲かず、
メダカさんもいなくなり、雨水のため池状態。







読んでくださってありがとうございます。
よろしければポチッ☆と応援よろしくお願いします。
励みになります。
にほんブログ村 花ブログへ








メドーセージとシュウメイギク

09 /07 2017
朝晩涼しくて少しずつ秋が近づいていますね・
夏の花と入れ替わりのように
メドーセージとシュウメイギクがどんどん咲いています。

niwa278_20170907222502ce7.jpg
この濃いブルーは庭が引き締まりますね。

amejisutose-ji9_20170907222413cac.jpg

syuumeigiku27.jpg
地味なようで可愛い花です。





読んでくださってありがとうございます。
よろしければポチッ☆と応援よろしくお願いします。
励みになります。
にほんブログ村 花ブログへ





シュウメイギク

08 /30 2017
今日も暑くなりそうです。
庭では少しずつ秋の気配がしてきました。
昼間はセミの声、夜は虫の声、大合唱ですね。

地下茎で増えるというシュウメイギク。
いたるところに咲きますが、
砂利を敷いた通路にもびっしり出ています。
抜こうかどうしようか迷っているうちに一輪咲いてしまいました。

syuumeigiku26.jpg
和菓子のようなシベがかわいい花です。
つぼみもいっぱい持っていて、今年はもう抜けませんね。




読んでくださってありがとうございます。
よろしければポチッ☆と応援よろしくお願いします。
励みになります。
にほんブログ村 花ブログへ





hitomibaaba

FC2ブログへようこそ!
息子二人は結婚し
夫と二人暮らしです。
四季の花で楽しめるような
庭づくりをめざしています。