ラブリーなしだれ梅

03 /15 2015
我が家のしだれ梅。
蕾もなく、満開の開花宣言ができそうです。
しっかりと枝に花がついて、まだ一枚も花びらが散っていません。
今日は、曇り空ですが、雨が降らないことを祈ります。
もう少し花を楽しみたいですよね。
しだれ梅なので、枝を長くシダらせるのか、
それとも短く切って、枝ぶりを楽しむのか、
剪定の時に悩むところです。

花が終わって葉っぱが出ると虫や病気に悩まされ
落葉でご近所への迷惑を考えると、
短く剪定してしまうのですが、
こうして花が咲くと短く切ってしまったことを後悔します。
枝を長~くこんもりとしだれさせたい、、、
花が咲いているときに来年の樹形をイメージして、
剪定する時期を考えています。

日記代わりに始めたブログです。
今年の記念に梅の全景を撮りました。
薄ピンクのこんもりした花は、いつ見てもラブリーです。

sidareume31_20150315093904bcb.jpg

sidareume32_2015031509390630f.jpg

sidareume33_201503150939068a9.jpg

sidareume34_201503150939088bd.jpg

sidareume35_20150315093909581.jpg







読んでくださってありがとうございます。
よろしければポチッ☆と応援よろしくお願いします。
励みになります。
にほんブログ村 花ブログへ







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは~(^^♪

春雨が、西から東へと上っていますが、枝垂れ梅には、いかがなものでしょうね~
お見事です。きっと、大切にそだてられたのでしょうね。
久しぶりの立派な大きな枝垂れ梅ですね。
S字型に近い、枝の剪定も、プロみたいに、迫力があって、好きです。
「梅切らぬ阿保と桜切る阿保」~関西では、言われるそうですが、毎年きっちり剪定されて、梅切らぬ阿保でなくて、良かったですね。
ちなみにお友達の旦那様は、桜切る阿保~の方でした。

kumikomamaさん、あはようございます。

剪定は難しいですね。
桜は家になくて、切り枝をいただいたりしますが、
切り口にコールタールを縫っておかないと、
切り口から感染して、木が枯れてしまうと聞いて、
むやみにいただくのもいけないんだと知りました。
あわよくば、挿し木にできれば、な~んて思っていたのですが、
桜はそんな簡単な木ではないそうですね。

これからますます春めいてきますが、駆け足で通り過ぎてほしくないですね。ゆっくり楽しみたいものです。

hitomibaaba

FC2ブログへようこそ!
息子二人は結婚し
夫と二人暮らしです。
四季の花で楽しめるような
庭づくりをめざしています。